なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

窓の断熱

 

窓の断熱が重要視されるのは壁や柱に比べて断熱性能が劣っているため、

一番性能のアップ率が高くなるからです。

で、樹脂サッシのトリプルガラスのLOW-Eガス入り、樹脂スペーサが、

良いのですが、値段も高くてなかなか、貧乏人には手が届きません。

少しずつ値引き率は上がっているみたいですが、まだまだ高いです。

そこで、我が家はアルミと樹脂の複合サッシのトリプルガラスの採用になりました。

複合サッシとは外側をアルミ、室内側を樹脂にして、値段も樹脂サッシより安くしています。

複合サッシを否定して高断熱の家では樹脂サッシ一択でアルミがあるのは話にならないと、言う方もおられるみたいですが、自分としては十分たと思ています。

性能にオーバスペックは言い訳で高性能に越したことはないのですが、

予算というものがあるので、妥協点としては、自分的にはアリだと思っています。

もちろん、住んでみないと実際は良し悪しはわかりませんが。

 アルミより樹脂がいいといわれるのは、断熱性が樹脂のがよく、アルミは熱を伝え易いため、熱橋(ヒートブリッジ)による、結露があるからです。

今は、真夏なのでピントこないかもしれませんが、

外気の冷気がアルミを伝って、温かい室内の空気に触れると、室内の空気中の水分が飽和して結露になります。

結露が木材の腐りやカビの原因になるため、近年は結露対策は重要です。

で、許容範囲と判断した理由ですが、採用予定のLIXILサーモスXのトリプルガラス貫流率1.11で樹脂サッシにはもちろん劣りますが、高い断熱性能で、地域がⅤの自分の地域ではまずまずではないかと思ったことが一つ。

f:id:tanaup:20170717203038j:plain

 樹脂サッシ側の言い分としては対候性には問題なく、大丈夫と言いますが、樹脂が日の光とかにどのぐらい持つのか、不安なため、対候性がある、外側アルミを使った複合サッシがいいと思ったのが一つです。

ただ、樹脂サッシが傷むより、他の建材が傷んだり、壊れたりする方が早いのかもしれませんが。

 では、結露はしないのかといえば、します。

ただし、リビングの掃き出し窓一杯に結露するとかそういうことではなく、条件次第です。ほぼしないと思います。

条件がそろうと結露すると思いますが、それも、北側の窓のに少しとかだと思います。

湿度調整と計画換気と適度な温度管理で対応できると思っています。

まぁ、条件が整えば、樹脂のトリプルガラスでも結露は起きます。

某、I工務店が採用するハニカムジェードを完全に下して使用すると結露はすぐするみたいですしね。

 サーモスXを施工する際は気を付けないといけないことが、あります。

工務店側がこれを怠ると熱橋と結露になる可能性があり、大変なので、出来れば施主側からも念押しの確認をした方がいいです。

サーモスXはサッシの上下の部分は、サーマルブレイク機構といって、アルミの外側と内側の枠の間に樹脂材を挟んで熱橋を抑えています。

f:id:tanaup:20170717203103j:plain

しかし、左右にはないのです。

これでは、外の温度を中に伝えてしまいます。

LIXILに問い合わせたのですが、それ用の専用建材は出ていません。

施工側でスプレー式のウレタンフォームなので断熱するしかありません。

窓枠の気密保持も含めて断熱してもらうようにしましょう。

吹き付け断熱の場合は窓枠の養生の仕方に気を付けてもらうようにしましょう。

f:id:tanaup:20170717204930j:plain

写真の柱と化粧の窓枠の間の断熱材が細く埋まっている部分ですね。

その奥はアルミのふちがあると思います。

 

 

 

窓について4

窓について4

 

1.サッシの材質

2.ガラスの種類

3.ガラスの構造

4.窓の形

5.色やメーカ

 

4.窓の形ついてですが、一般的には引き違いが多いですよね。

大きな掃き出し窓から腰窓などで使われますが、気密性が少し悪いので、

高気密を売りにするハウスメーカでは減らす傾向にあるようです。

変わって、縦滑り窓や横滑り窓が増えてきました。

 縦滑り窓は、風も取り込みやすく、連窓にすると外観もおしゃれになっていい感じになります。

 横滑り窓は視界が気になるところで、高い位置につけて、外の視界は遮り、採光と換気が出来る窓です。

 天窓も採光と換気ができて、空も見えていいのですが、使いどころが難しいですね。

 羽目殺しの窓 FIX窓は開け閉め出来ない窓です。気密取れていいのですが、

パッシブ的では無いですね。

 その他、上げ下げ窓などがあります。

それらは、自分の好みや用途に合わせてお好みに使えばいいと思います。

高気密高断熱にするためには窓は小さく、引き違いは無しでなんて言うHMは、

ただの怠慢だと思います。

もちろん多少は構造上少し窓を小さくしないといけなかったり、数を減らさないと

いけないこともありますが、最初から引き違いの掃き出し窓無しとか、

FIX窓多用なんか違うと思います。たしかに、そうすると、気密性は容易に上がり、

断熱性も上がりますが、快適性が失われます。

性能と快適性のバランスをとるのも設計とHMの仕事と腕の見せ所ではないでしょうか、それをしないのは怠慢としか思えません。

もちろん、窓が少ない方が落ち着く人もいるでしょうから、好き好きですが、

自分は大きな窓があって、風が通る窓が好みです。

 

あと、家としては先進国の欧州の窓では、ドレーキープへーべシーベがあります。

これらは、欧米では一般的で気密性も高く、機能的でお勧めです。

どんなものかは、検索してみてください。w

輸入窓に多く日本ではまだ少ないみたいですが、出来れば採用したかったのですが、

残念ながらLIXILはありません。HMの値引き率の関係でLIXIL一択なので。

YKKさんの引き違い、掃き出し窓のAPW431はヘーベシーベで開口が広く、良さそうです。LIXILさんも真似して出してくれないかな?w

 

5.色やメーカ

これは好みや値引き率などハウスメーカの取り扱いによっても変わってくるので、

お好みで。

 

 

 

 

 

窓について3

窓について3です。

 

1.サッシの材質

2.ガラスの種類

3.ガラスの構造

4.窓の形

5.色やメーカ

 

3.ガラスの構造について。

これは、一枚ガラスか、複層ガラスかです。

一枚ガラス一般的な一枚ガラスで、夏熱く、冬寒い断熱性能が無い

今まで日本で大半の窓で使われていた窓ですね。

次にリフォームなどで断熱性能を上げるため使われる、

二重サッシです。今までの窓にもう一枚、内窓を付けて性能をあげます。

北海道など寒い地域では昔から使われていました。

次に複層ガラス、サッシの中にガラスを複数枚間を開けてつけます。

複層ガラスの内、二重ガラスをペアガラス、三重ガラスをトリプルガラス

といい、これらが住宅では一般的です。

 

f:id:tanaup:20170712213134j:plain

それで、ガラス面に特殊な被膜を塗るlow-eがあります。

このlow-eは断熱したり、遮熱したりして、色がついていて、外から日中見えずらくなったりします。

高断熱住宅ではほぼ複層のlow-eガラスになています。

次に中空層の気体なのですが、乾燥した空気が入っていますが、

性能がいいと、アルゴンガスやクリプトンガスが入っています。

値段が高くなりますが、より断熱性能が高くなります。

サッシと中層の気体の間にあるスペーサがアルミより樹脂の方がより結露しにくく、断熱出来ていいですね。

 

で我が家はトリプルのアルゴンガス入りが標準的に施工予定です。

 

窓について2

窓についての続きです。

1.サッシの材質

2.ガラスの種類

3.ガラスの構造

4.窓の形

5.色やメーカ

区分は勝手に自分で適当に分けただけなのであまり深く考えないでください。

2.ガラスの種類です。

用途や目的によって色々変えるのですが、

普通の透明な一枚ガラスの他

防火ガラス

防犯ガラス

すりガラス

型ガラス

など他にもミラーガラス、色付きガラス、等ありますが、代表的なのはこんな感じかな

 

防火ガラスは都会とかだと義務づけられていて網目が入っているのが一般的ですね。

最近では網無しの防火ガラスもあるみたいです。

自分の所は田舎なので義務はないです。

 

防犯ガラスは防犯のため割れにくガラスを使っています。決して割れない訳ではないので、勘違いしないように。

 

すりガラスは視線が気になるところに使うガラスで、一枚ガラスの表面を加工して

半透明にした、ガラスです。

 

型ガラスは目的はすりガラスと同じで採光のみ視線を散らすガラスで、

これは型でガラスをとり、凹凸をつけたりするガラスです。

これらを目的や仕様によって使い分けます。

最近よく聞くLow-eガラスは3.ガラス構造で書きます。

ミラーガラスや色付きガラスはLow-eガラスで代用できるので

住宅では今は使わないかもしれません。

 

窓について1(サッシについて)

窓につていですが、まぁ、詳しいことは、他の方のブログ見た方が

わかりやすく、詳しいので、簡単に~

まず、選択として

1.サッシの材質

2.ガラスの種類

3.ガラスの構造

4.窓の形

5.色やメーカ

これらを選択していく必要があります。

サッシ、窓枠の材質ですね。

一般的に日本ではアルミサッシが多いです。

丈夫で軽いく、安いので日本ではまだまだ主流です。

でも、断熱性能は最低で結露しやすく、最近の高性能住宅では選択しない方向です。

 

次にヨーロッパで多い木枠のサッシです。

断熱性も高く結露しなく、高級感があってオシャレでいいですよね。

欠点は、値段が高いのとメンテを怠ると木なので、劣化するので、

ズボラな人は無理かもね。

あと、海外製が主流なので、工務店によっては、導入が難しい場合があるかも。

 

最近増えているのが樹脂サッシです。

結露しにくく、断熱性能もいいので、高断熱の仕様では一択だとの主張もあり、

増えています。

欠点はアルミよりまだまだ、値段が高いことと、剛性がアルミより劣るからだと思いますが、アルミより、分厚く、重くなります。

あと、大丈夫だとの主張もありますが、対候性が樹脂なので不安です。

 

アルミと樹脂の複合サッシもあります。

これは、外側をアルミ、中を樹脂にして、対候性もよく、値段も中間、断熱性もそこそこ、いい、結露もそこそこいい

すべてに、おいてアルミと樹脂サッシの中間の製品です。

樹脂サッシは高いけど、複合なら何とかって方が導入していると思います。

 

現状はこれらの材質から選択します。

シロウト考えではセラミックのサッシとか作れば良さそうな気がするのですが、

現状は、木とアルミと樹脂しかほぼないです。

我が家では複合サッシを選択しています。

理由はHMのお勧めでキャンペン中でトリプルガラスなグレードアップできるから。

これが一番大きな理由です。

HMの決め手の一つでもあります。

高断熱高気密の家ならアルミや複合は絶対ダメと強く主張する人もいますが、

自分的にはアリです。

根拠はまた、別の機会に書きたいと思います。

 

 

 

暑いが進展無し

暑いですね。暑さと進捗には関係ないですが。

このところ、忙しくて、更新が久しぶりになります。

毎日、更新している人はすごいですね。

久しぶりの更新です

家の進展は無しです(泣)

見積もりが全然上がってこないです。

これは、夏も過ぎてしまうのだろうか・・・

まだ、予算オーバーだろうから減額してからの決定になって、

それからローン計画して、からの着工計画だから、またまだ、先が長そうです。

特殊な注文しまくってるからなんで、半分自業自得なんですが、

それでも、遅いと、グチリたくなりますね。

間取りの5

間取りについてですが、1階については、ほぼそのままですが、二階と全体の作りを大幅に変えました。前回の間取りでほぼ決定していたのですが、引っ掛かるところがあり、我慢出来ずに、急遽間取りの変更をお願いしました。
まず、今どきの流行り構造で軒がほぼ無いのがよくないので、せめて、南側だけでも軒を延ばせないか?
二階のベランダが無くてもよくない?
て、ことで間取りはこうなりました。
f:id:tanaup:20170701131337j:plain
南側に大きく軒をだして、夏の遮熱を高めてます。
片流れの屋根で太陽光も10kw載る大きな屋根になります。