なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

窓について4

窓について4

 

1.サッシの材質

2.ガラスの種類

3.ガラスの構造

4.窓の形

5.色やメーカ

 

4.窓の形ついてですが、一般的には引き違いが多いですよね。

大きな掃き出し窓から腰窓などで使われますが、気密性が少し悪いので、

高気密を売りにするハウスメーカでは減らす傾向にあるようです。

変わって、縦滑り窓や横滑り窓が増えてきました。

 縦滑り窓は、風も取り込みやすく、連窓にすると外観もおしゃれになっていい感じになります。

 横滑り窓は視界が気になるところで、高い位置につけて、外の視界は遮り、採光と換気が出来る窓です。

 天窓も採光と換気ができて、空も見えていいのですが、使いどころが難しいですね。

 羽目殺しの窓 FIX窓は開け閉め出来ない窓です。気密取れていいのですが、

パッシブ的では無いですね。

 その他、上げ下げ窓などがあります。

それらは、自分の好みや用途に合わせてお好みに使えばいいと思います。

高気密高断熱にするためには窓は小さく、引き違いは無しでなんて言うHMは、

ただの怠慢だと思います。

もちろん多少は構造上少し窓を小さくしないといけなかったり、数を減らさないと

いけないこともありますが、最初から引き違いの掃き出し窓無しとか、

FIX窓多用なんか違うと思います。たしかに、そうすると、気密性は容易に上がり、

断熱性も上がりますが、快適性が失われます。

性能と快適性のバランスをとるのも設計とHMの仕事と腕の見せ所ではないでしょうか、それをしないのは怠慢としか思えません。

もちろん、窓が少ない方が落ち着く人もいるでしょうから、好き好きですが、

自分は大きな窓があって、風が通る窓が好みです。

 

あと、家としては先進国の欧州の窓では、ドレーキープへーべシーベがあります。

これらは、欧米では一般的で気密性も高く、機能的でお勧めです。

どんなものかは、検索してみてください。w

輸入窓に多く日本ではまだ少ないみたいですが、出来れば採用したかったのですが、

残念ながらLIXILはありません。HMの値引き率の関係でLIXIL一択なので。

YKKさんの引き違い、掃き出し窓のAPW431はヘーベシーベで開口が広く、良さそうです。LIXILさんも真似して出してくれないかな?w

 

5.色やメーカ

これは好みや値引き率などハウスメーカの取り扱いによっても変わってくるので、

お好みで。