なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

「ZEH(ゼッチ)」について

「ゼロエネルギー住宅」、「ZEH(ゼッチ)」についてです。

ZEHがなんなのかについては説明を省きます。

最近はHMもZEHの施工目標みたいのがあって、セールスポイントの

一つにしてたりして、結構知れ渡っていると思います。

補助金が出てランニンコストが抑えられ、しっかりした家が出来るので

いいこと尽くめです。デメリットは費用が割高になることのみだといわれています。

で、我が家は計画当初からZEH認定できるように設計を進めてもらいました。

当時は補助金も125万円でなかなか審査が通らない感じだったので、

漏れても、いい家が建つし、とりあえず、ZEH仕様でお願いしました。

今年に入って補助金が75万円になり、認定されやすくなりました。

でも、我が家はZEHはあきらめました。

なぜかというと、家の仕様は十分ZEHのスペックを超えているのですが、

自分なりに割が合いそうにないと思ったからです。

補助金が125万円だと考えたのですが、75万円だと申請などの費用だけで、半分ぐらいなくなります。

それとネットでは問題視されてない、大きなデメリットがあります。

大手ハウスメーカとかだと大丈夫なんですが、着工から完成までの期限が決められていて、ぎりぎりの工期になるようです。

トラブルがあった時に融通がきかないなどがあり、我が家は標準的な家とは

言い難く、工務店もやってないことを頼んでいるとか、細かくチェック入れたいとか、

施主施工の部分があったりするので工期に余裕を持たさないと、「抜け」が出そうで

怖いというのが最大の理由です。

なんで税金の控除のために低炭素だけ申請します。

自分の住んている市は住宅関して補助金がいっさいありません。

他の地域がうらやましいです。