なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

太陽光の売電がまだたった

久しぶりの更新ですが、グチです。

タイトル通り太陽光の売電がまだ始まってなかったことが発覚して、内心怒ってます。

結論から言うと、国からの売電許可が下りていなかくて、6月25日から7月24日までの分から始まって、振り込みは8月14日だそうです。

で、何で怒っているかといいますと、4月に引き渡しがあったのですが、

その時に太陽光のモニターを見て営業がこれで正常に発電していて、売電もはじまります。と言っていたので、5月は発電が一番多い月だと、ネットなどに書いてあったので、毎日発電量を気にして、なかなかの多さに喜んでいたのですが、関西電力から請求の知らせは来ても、売電の知らせが来ない、振り込みもないし、嫌な予感。

これは手続うまくいってなくて始まっていないのでは?と思い、営業に問い合わせしたところ、「手続は完了しています。」の一文メールだけ、仕方がないので電力会社に自分で電話で問い合わせしました。回答は「確かに手続は終わっていますね。次の検針後からだと思うのでもう少しお待ちください」とのこと、イヤ、電話で問い合わせするまで、結構待ったんだけど(検針3回すぎてる)これも埒が明かないので、今度はメールで電力会社に問い合わせ。

これで、電力会社から返答の電話、やっと意図が通じたみたいで、期待した回答が、

「手続は完了していますが、国からの許可が下りるのが6月下旬です。それ以降の検針から売電です。」とこのと、やっぱり、かなりショックでしたね。

でそのことを営業伝えると、「すみません、手続に不備があってやり直したため遅れたと任せた業者から返答がありました。」とのこと、なんだそれ。

最初の問い合わせで、その解答しろよ!

4月、5月6月のぬか喜びを返せ!

それがわかっていれば、4月5月は深夜に風呂を沸かしたり、食洗器回したり、洗濯機回したり、せずに、昼間の発電中にガンガン使っていたのに、売電料増やすため、日中使わず、深夜に使ってた努力は無駄というか、大損です。どうせ。売電出来ないのなら日中にお湯沸かしたり、洗濯したりして、消費すれば、電気代がかからなかったのに、

あれだけの発電が無駄でした。

そもそも、認可が遅くなるのは知っていたので早めに申請しろといっていたのに、

その気がなさそうだと思っていたのです。本当に腹の立つ。

という、グチでした。すみません。