なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

構造材がホワイトウッド

あくまでも、自分の好みの問題ですが、ローコストメーカーが検討対象からハズレた理由の一つに、木造の構造材があります。
ホワイトウッドと呼ばれる木材です。
全てのローコストメーカーが使っているわけではなく、ローコストメーカー以外でも使っているところでがありますが、とりあえず、自分としては、ホワイトウッドを構造材で使っているとしては対象外になります。

なぜ、ホワイトウッドが嫌いかといえば、構造材としては柔らかく、湿気に弱く腐り易くて白蟻にも弱いからです。
もちろん、どんな木材でも管理が悪ければ、腐りや白蟻被害に遭う可能性がありますが、比較するとよりホワイトウッドがということです。

では、メーカーは何故使うのかというと、
安くて、入手し易いこと
白くて、節がなく、見た目が綺麗で見栄えがいい
柔らかいので加工がし易い
などです。

輸入木材なのですが、乾燥した外国ではまだよいのかもしれませんが、日本のような湿度の高い風土には合わない建材です。
もちろん、内装に使うには見た目も綺麗なのでアリだと思います。

最近はホワイトウッドの悪評がネットで流れているのでハウスメーカーもHPには書かなくなった気がします。
もしくは、米松、レッドシーダなどに変えたのかな?
とにかく、ハウスメーカー検討中の方は構造材の種類は営業に聞いて、判断材料の一つにして下さい。