なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

土台について 1

さて、土台についてですが、最初の見積もりでは、米松の集成材だったと思いますが、ワガママを発動させて、何とかヒノキの芯持ち材に出来きないか?と。
ハウスメーカーはプレカットで作っているので無理です。との、回答。
仕方ないので、ヒノキの集成土台で妥協しました。
追加料金無しです。
そもそも何で、芯持ち材がいいかというと、
あくまでも、自分の考えで、何処にも根拠は載ってないですが、集成材は無垢材よりも、狂いが無く、柱としては、強度的には問題無いとは思いますが、
土台としてはどうなんでしょうか?
土台だと、ねじれに対す強度が大事な要素の一つだと思っうのですが、集成材はそこは弱いと思ったので、芯持ち材を希望したのですが、残念です。

ヒノキにしたのは、米松、レッドシーダより、腐り難いからです。
白蟻にも少し米松よりはいいので、防蟻としてなら、ヒバのがいいのですが、防蟻処理はまた、別に対策立てるつもりなので、ココでは、考えません。
また、次の機会に土台に使われている、木材の種類
なんかを、語りたいと思います。

とにかく、我が家は、土台はヒノキの集成材に決まりです。