なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

高気密住宅の局所換気

前回書いた寒さ対策の4の換気についてもう一度書いておきます。

まず、我が家は24時間換気はダクトレスの第1種換気の熱交換システムを使っています。

これは家全体で冷暖房をして、隙間が少ない高気密高断熱の家を前提に採用しています。

ダクトレスのため気密が高く余計な隙間がないと計画的な換気ができません。

それと、室内の温度をなるべく換気で逃さないよう、熱交換型にしています。

しかし、セントラル換気のようにすべての換気をダクトで行っている場合と違って、トイレや浴槽、キッチンレンジ、脱衣所などは局所換気として別に換気扇をつけないといけません。

我が家はレンジフード、浴槽はユニットバスに取り付けてある浴室乾燥つきのファン、

それと、1階と2階のトイレと脱衣所にあるパイプファンです。

これらは基本使う時だけ回して普段は止めておくべきです。

せっかく家全体で冷暖房するつもりがこれらの換気扇を回せば、熱が逃げて、冬場なら冷気を呼び込み、熱を逃がします。

なので、キッチンは料理中以外はレンジフードを止める、強運転もなるべくしない、レンジフードは同時給排気型の電気式シャッター付きにする。

浴槽もお湯はり中や浴槽の乾燥以外は停止する。24時間稼働付きのものがあるけど、止める。

トイレのパイプファンは人感センサー付きにする。

で、これらの要望は工務店側にいって出来ているみたいなのですが言い忘れたみたいで、本来は高気密高断熱を作るメーカなら常識だと思うのですが、

パイプファンにシャッターがついてないのです。

つまり、トイレは人感センサー付き、気密シャツター付き。脱衣所はセンサーは無しでいいがねシャツターは同じようについているもの。

でないと、停止中に冷気が入ってきたり、強風時に風が吹き込むことになります。

せっかくC値が高く、高気密な構造にしても、換気扇にシャッターがないと意味がありません、理屈がわかったている、ちゃんとしたビルダーならそんなことないと思うのですが、なんとなく最近の高気密高断熱の流行りに合わせたみたいビルター、設計だと、C値測定には換気扇は除外して測定するので、抜けてしまうのでしょう。

ほんと、意識が高くないビルダーは腹が立ちますね。

いまさら文句も言えないので、自分で電気屋さんにシャッター付きにかえられないか相談して見積お願いしてます。返事がまだ、こないけど。

 

とりあえず、局所換気がある場合は気密シャッター付きにしてレンジフードは給排気同時型にしましょうて話しでした。

冬の寒さ対策

本格的に寒くなる前に家の寒さ対策を考えて少しでも暖かく過ごせるようにしたいと思います。

もともと、実家が断熱材もない寒い家が嫌で家を建てたので、元の昭和の田舎の家よりは暖かいのですが、予算の都合やその他いろいろなことでまだまだ足りてていません。

具体的には

1.家の断熱性能が足りてない。これは我が家は内張り断熱ですが、外張り断熱の方が断熱性能が高いですし、外内両方の二重断熱がもっといいのですが、その分費用も高くつくので、これは断念しています。

2.窓はトリプルガラスですが、サッシはアルミと樹脂の複合サッシなので樹脂サッシよりは性能が劣ります。これも、費用が高くなります。

3.暖房能力なのですが、我が家はエアコン無しで輻射パネルを1階に3パネル、2階に1パネル設置してあるのですが、家全体の暖房能力としては少し足りません。

輻射パネルは無茶苦茶高いので4枚が限界でした。部屋を仕切って各部屋で暖めるにはいいのですが、吹き抜け構造で仕切りもない感じで家全体を温めようとすると少しパワー不足になるかもしれません。氷点下になったときに、最大出力でどのぐらいになるかはこれから検証ですが、室外機がフル回転だと電気代がかさみますから、少しでも押さえたいところです。

4.換気システムはダクトレスの熱交換システムを採用したので、24時間換気システムの方は熱損失を少しは抑えられるのですが、問題は、1階と2階のトイレと脱衣所にある局所換気扇用のパイプファンです。これは普通の換気扇なので、トイレの臭気や脱衣所の湿気を外に排出するだけです。で、トイレは人感センサーで、使用中だけ動き、脱衣所は湿気の排出時に動かすのですが、それはいいとして、停止している時です。

大きな穴が開いているのと同じです。隙間どころではないです。

動作時は排出したいから動かしているのでいいですが、常時動かすのはせっかくの熱が逃げるのでもったいないというか寒いです。で止めるとそれも外から冷気が入ってきて寒いです。

5.カーテンですが、前にブログに書いた通りニトリで付けたのですが、夏場はあれで良いのですが、冬の寒さ対策としては足らないのでカーテンやロールスクリーンを追加しないといけないです。

外気との接触面として弱いのは窓です。トリプルガラスにしていますが、窓の性能としては高いですが、壁に比べれば断熱性は低く、冷気が来るのでそれを少しでも遮断する方法として、カーテンは有効なので、ついてないところに追加です。

シャッターがある二か所はレースのみにしていたのですが、これもドレープカーテンを付けます。

6.コンセントやスイッチの隙間風対策です。コンセントやスイッチは内壁に穴をあけて設置してあるため、内壁からの隙間をうめないと内壁の中の空気を引っ張ります。

一応基礎断熱なんで内壁内は室内扱いなんですが、暖房中の室内よりは低いので隙間風状態になります。なので、標準的なところは施工時に気密カバーというのをコンセントやスイッチにつけてもらって隙間をなくしているのですが、特殊な器具が抜けているのです。コントロールパネル関係とかですね。これらも出来るだけ無くしたいです。

 

とりあえず、寒さの課題として今の所思いたことです。この中で解決できることをぼちぼちと解決していきたいと思います。

まぁ、1.2.3項目はまだ暖かくない原因で、解決不能。4.5.6の項目で、これを解決することで暖かさが増したり、暖房に使う光熱費を押さえたりできるて感じですかね。

輻射冷暖房パネルでの暖房

普段なかなか、更新できないので今のうちに連投です。

深夜2時をまわり、外気温は約10度です。

11月になり朝晩が寒くなってきて、いよいよ、輻射パネルで暖房を使いはじめました。

外気10度に対して、パネルの温度設定が37度、一階が21.4度。二階が19.7度です。

で、ポカポカして快適かといわれれば、まだそこまでではないです。

温度を低めに設定しているので、こんなものだと思います。

寒がりなんで、この状態で厚着してます。

今のところは、寝る前に切りますが、真冬になれば、夜は付けっぱなしにするつもりです。

とにかく、エアコンと違ってうるさくないのがいいですね。

ただ、エアコンの方がすぐにああたまるし、温度管理はしやすいので、輻射冷暖房パネルを検討されるかたは、エアコンと併用をお勧めしますね。

その辺のことはまた、詳しく書きたいと思います。

今回は温度の記録替わりに。

なにせ、エアコンと違って設定温度が室温ではなく、パネルの温度なので、

自分で微調しないといけないので、しばらく試行錯誤です。

太陽光発電のリスク

ステーブルの不具合はまだ様子見状態で進展がありません。

いまのとこ止まっていないので、ノイズが濃厚です。

なので、太陽光発電のリスクについて少し考えてみたいと思います。

まず、太陽光の設置費用が高く、年々、買い取り金額も下がってきているので、

設置費用を買い取り金額で、(一般的な余剰売電10年で)回収できるか?

微妙になって来ていることをしっかり考えないといけません。

太陽光で儲けようなどとは考えない方がいいです。

それと、太陽光発電の10年後の問題です。

10年間は余剰買い取りが保証されていますが、それ以降が白紙のままなので、

最悪買い取り無しになる可能性もあります。

ハウスメーカが10年で設置費を売電で返済してそれ以降は丸儲けみたいな宣伝するところがありますが、それは無いといっていいと思います。

少なくても、買い取り価格は低くなるはずです。

10年後は太陽光発電にかかせない、パワコンが寿命を迎え、買い替えないといけないといわれてます。メンテ費用が掛かるということです。

その他、買い取りが期待できなくなるので昼間に発電た電気を蓄電池にためて、夜に自宅で使うのがいいと言われていますが、蓄電池が高い。

つまり、10年後にメンテ費用や蓄電池の購入費がかかり、損するリスクがあるのでよく考えてたほうが良いみたいです。

電力抑制もあらかじめ気をつけておいたほうがいいと思います。

回りに太陽光パルネが多いとみんなが余剰売電して、余りすぎて抑制がかかる、みたいな感じです。

せっかくたくさんパネルを載せたのに思ったより売電出来ない事態になる可能性があるので、よく考えましょう。

この辺のリスクはよく書かれているのですが、ノイズのことは書かれていることが少ないように思います。

太陽光発電をするとノイズを大なり小なり発生させます。

主にパワコンの中にある、インバータが出すのですが、パワコン近くだけではなく、配線を伝って、ノイズを出すこともあるみたいです。

なかなか、他の機器を誤作動させる被害は聞きませんが、可能性はあります。

その他ノイズでアマチア無線が使えなくなったと、近所から苦情がきた例もあるみたいで、ご近似で無線をやっている人がいるがいないか、気にしたほうがいいです。

ラジオにも雑音が入って聞けなくなるそうです。

ノイズで無線やラジオが聞けなくなる被害があったのは自分も今回の件で調べて初めて知りました。

この辺はメーカから施主に情報として教えて欲しいものですね。

 

ステーベルの換気扇の不具合のその後4

ご無沙汰状態になっています。

ステーベルの換気扇の不具合のその後の続きです。

そうです、まだ、解決していません。

とりあえず今の時期でも天気のいい日に止まるので、(ほぼ1階だけ)

温度ではなく、太陽光発電がピーク近くになると、ノイズが多く出て止まるのではないかと、予想されます。

 

一応自分の意見が通ったのかわかりませんが、ステーブル側から一階の露出配線をシールド線に変えてノイズ対策してどうなるか?を検証したいと連絡がありました。

その時に念押しで、「アースに落とさないと効果が薄いのですが、それもやってくれますよね。」と念押ししました。

詳しくはネット検索して欲しいのですが、普通の家庭ではあまりノイズで誤作動起こすことはないのですが、高出力の機械があると起こることがあります。

パソコンなどは影響受けやすいので説明書なんかにも書いてあると思います。

ノイズは機器などが出す、高周波でそれによって誤作動を起こすみたいです。

対策としては、ノイズフィルターを付けたり、信号線をシールド線にする。アースに落とすなどがあります。

で今回は、「信号線をシールド線にする」です。

で、信号線の片側はアースに落とさないと効果が薄いのです。

アースに落とすとは、アース(地球、地面)にノイズを逃がすということです。

冷蔵庫などの家電製品に緑の線、アース線がついていると思います。あれと同じで、地面に逃がす目的は一緒なのですが、少し目的が違います。

家電のアースはもし、家電が壊れたり、雷等の災害で、電気が過剰に流れた時、感電しないよう、電気が人に流れる前に地面に流して、感電しにくくする、安全対策です。

今回はノイズによる誤作動で止まるのを防ぐためのアースとシールド線です。

 

f:id:tanaup:20181030144012j:plainf:id:tanaup:20181030144112j:plain

見にくいですが緑の細い線がアース線、グレイの線がシールド線です。

これで解決して欲しいのですが、しばらく様子見です。

しかし、シールド線で隠蔽配線するの出来るかな?

失敗点なのですが、過去にメンテせいを良くしないといけないと偉そうに書いておいて、建ち始めて気が付いたのですが、二階に天井裏の隙間がなく、天井裏を点検できません。後で気が付いた自分はバカです。

床下は点検口増やしたのに、屋根裏を忘れました。

普通は天井裏に点検口から潜りこんでやり直せるのですが、自分の家では天井をめくらないと無理かも、どうしよう・・・

ステーベルの換気扇の不具合その後3の2

ステーベルの換気扇の不具合のその後3の続きです。

結局、エラーでまた止まりました。

 

f:id:tanaup:20180929234729j:plain

ただ少し前とは違って、一階だけエラーがでました。

二階が動いていました。

今回止まり方だと、ノイズの可能性のが高いかもしれません。

一階は仮露出配線が、太陽光のパワコンの上を這わしているので、影響受けやすいのかもしれません。

二階は露出したことで、パネルからのノイズの影響が少なくなったのかもしれません。

ただ、もう寒くなってくるので検証が難しいですね。

シロウト考えなんで、全然違うかもしれませんが

 

 

 

 

ステーベルの換気扇の不具合のその後3

ステーベルの換気扇の不具合の続きです。

朝晩涼しくなってきました。スカッとした晴れの日がなく残念です。

さて、自分の家ではダクトレスの第1種換気扇のステーベルのLT-50Ecoのを採用しているのですが、エラーで時々止まります。

で、工務店経由でステーブルに連絡してもらって、メーカから依頼された、業者さんが機器を交換して様子見状態だったのですが、相変わらず暑い日には止まってしまうのです。

工務店にまだダメとは話たのですがその後反応が無し、連絡手段としてやってもいなかった、lineを登録して、不具合連絡していたんですが、事前に連絡もなくいつの間にか、グループlineがなくなっていて、飲み屋の知り合いかい!て感じです。

工務店は当てにならないので、別の方向からアプローチすることにしました。

ブログを拝見している、気密や換気の専門、石川県の「福田温熱空調」さんに相談メールを出して見ました。企業向けの専門家なので返事がもらえないかと思っていましたがね早速返事が来て、メーカにもメールしてくださいました。もちろん直接メーカに電話しても対応してもらえると思いますが、取引のある専門家の後押しがあると心強いです。

でメーカから連絡で壁の中にある、配線、(隠蔽配線)が悪くないかの切り分けで、仮配線させて欲しいとのことで、ファンとコントロールパネルの間がこうなりました。

f:id:tanaup:20180926011313j:plain

f:id:tanaup:20180926011506j:plainf:id:tanaup:20180926011729j:plain

f:id:tanaup:20180926012000j:plain

f:id:tanaup:20180926012144j:plain

で、結果ですが、昨日一階だけエラーで同じように止まりました。

原因は隠蔽配線では無いようです。まぁ、そうだと思っていましたが,

もう、止まる条件の暑い日はなさそうなので、今年はこれ以上検証できそうにはないです。来年に持ち越しそうですが、メーカの保証は一年なので、解決してないけど、来年は有償なんだろうか?

とりあえずもとに戻して欲しいですね。扉が閉まらないから。

今回一階だけ止まったということで、新たな原因の可能性を思いつきました。

それは太陽光発電による「ノイズ」です。シロウト考えなんで正しいかわかりませんが、機器を動かすとノイズが多少発生します。それを拾うと別の機器が誤作動起こすことがあります。もちろん、太陽光のほうでも、ノイズが出にくいようにはしていると思うのですが、ゼロにはできません。

なので、ステーブルのほうでノイズ対策をしないといけないのですが、それが出来ているか、わかりません。メーカの回答待ちです。

ノイズ対策としては、機器本体からアースを取る、ノイズフィルターを付ける、配線をシールド付きでアースに落とす、などがありますが、出来いるか自分では確認できません。多分そんなに影響は普通は無いのでしょうが、自分の家は片流れの屋根にいっぱいパネル載せたので、パワコン3台もあるし、温度が上昇した時、つまり発電がフル稼働に近くなった時だけエラーが出るなら温度以外の原因としては辻つまが合います。

まぁ、違うかも知れませんが、早く普通に動くようになればいいなー。