なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

熱橋について

 

 

熱橋(ヒートブリッジ)についてです。

字のごとく、熱を橋渡しすることです。

簡単な例だと、最近の木造住宅は耐震性を重視するため、

ところどころ、鋼鉄製などの金属のボルトなどを木造を貫通させて補強します。

当然、木より金属の熱伝導率は高いので金属が冬なら冷気を橋渡しします。

f:id:tanaup:20170819192641p:plain

ましてや、鉄筋構造だと柱全部ですからね。鉄筋が寒いといわれる、所以です。

もちろん、欠点はわかっているので、鉄筋構造のHMは対策してると思います。

自分は木造が好きなので詳しくは知りませんがね。

で、上の図のような、ボルトや金物が室内に露出していると冷気が伝わるので

発砲ウレタン スプレー缶などで断熱する訳です。これを忘れると、

せっかく、壁や屋根、基礎を断熱しても、効果が上がらなくなります。気を付けましょう。

具体的に書くと、基礎部分だと大引きを支える床束が最近は鋼鉄製の束になっているので、

基礎コンクリからの冷気を伝えないようにします。

大引きの下に等間隔で支えている金属の棒が束です。

f:id:tanaup:20170819194044j:plain

こんな感じですね。

f:id:tanaup:20170819194331j:plain

部屋の隅に火打ち梁の取り付けボルトとかも外壁側だとボルトを断熱した方がいいでしょね。

f:id:tanaup:20170819200517j:plain

これらの断熱は現場監督が大工さんの仕事の合間にやることが多く、きちんとやってくれるかは、確認した方がいいです。

さて、これで熱橋対策は十分かというと、最低限の対策ので、勘違いしないようにしたいです。

実は、木材そのものが、そもそも、熱橋しているのです。

どういうことかというと、一般的に断熱材のグラスウールなり吹き付け発泡なりは、柱と柱の間に断熱材を詰めるわけです。内壁断熱ですね。

そうすると、構造体である木造は断熱材に囲われていません。

木材は鉄骨に比べれば熱伝導率は低いですが、断熱材よりは熱を伝えます。

つまりは、木材による熱橋です。

で、これを解決するのが、外断熱、付加断熱です。

構造体を外からくるりと、断熱材で覆ってしまう、わけです。

当然断熱効果は高いです。外断熱を進めるHMは熱橋問題を売りにして勧めるわけですね。

外断熱はいいのですが、当然柱の分断熱材の使用面積が多くなるのと、外断熱用の断熱材はボード系が主流でボード系は割高です。

その他、シロアリ対策が内壁断熱より難しいこともあります。

付加断熱は内壁断熱にプラス外断熱もして、より断熱性能を上げることです。

シロアリ対策がしっかりできていれば外壁断熱の方がいいのですが、やはり、

値段が高く、我が家では採用しませんでした。

シロアリのリスクも高いこともあるので、検討される方は気を付けてください。

自分としては、木材の熱橋対策はしませんが、木材は断熱材より断熱性能は低いので、

柱部分は断熱されていないことを覚えておいて、勘違いしないようにしましょう。

 

外壁について

外壁についは、余力がなく、あまり力を入れてません。

基本的にHMの提案にしたがっています。

屋根きガルバリウム鋼板です。太陽光パネルを一杯に乗せる予定なので

特にこだわりはありません。

壁はサイディングです。

ニチハのフィージェ+プラチナシールです。

トステムのガーデナルの方が施工のおさまりがいいのですが、値段が高いのでニチハです。

プラチナシールはシーリングといって外壁のつなぎ目を塞ぐ物です。

これの劣化が外壁の劣化より早くきて、水漏れなどを起こすので10年ぐらいでメンテナンスとしてやり替えが必要になってきます。

で、プラチナシールは長持ちするということです。

www.nichiha.co.jp

 

サイディングのフィージェは四方相じゃくり施工でシーリングレスをうたっています。

シーリングを使わないので長持ちてことなんですが、それならプラチナシール要らないのでは?てことなんですが、窓周りはシーリング使った方が気密と防水を保てて安心ですし、出隅といわれる、角の部分がフィージェでは相じゃくり施工ではうまくいかなく、施工業者に嫌がられるので出隅だけシーリング施工にしています。

これが、旭トステムのガーデナルならまだうまくいくらしいです。

ニチハはうまくいくとの主張なのですが、現場は難しいとの意見で、

フィージェ+プラチナシールを採用予定です。

外壁にもいろいろ気をつける点はあるのですが、またの機会に

 

 

 

 

 

 

玄関について

玄関についてです。

従来の家の断熱で、一番悪かったのが窓でしたが、

最近の高断熱高気密志向で、複層のlow-eガラスが普及してきたので

大分マシになってきました。

それでもまだ値段の面もあってトリプルガラスが普及してるとはいいがたいと思います。

で、窓の断熱を高めても大きな開口がまだあります。

そうです、玄関です。

玄関ドアの断熱性能は窓以上に欧州より遅れているみたいです。

なので、こだわる人は輸入の木製ドアにするみたいです。

断熱も高く、おしゃれなのですが、メンテが大変とか、日本のドアのように、

電子錠がないので防犯面とか開閉の便利さが欠点です。

日本のメーカで高性能玄関ドアはまず

YKKのイノベストD70 熱貫通率0.90 

YKKのイノベストD50 熱貫通率0.95~1.56

電子鍵付きだしお勧めです。

LIXILの一番性能のいいのは

グランデル 熱貫通率1.75とYKKにだいぶ負けています。

普通のアルミドアからすれば十分高いのですがね。

なので、MHのLIXILしばりにより(YKKも採用できると思いますが、値引き率で)

我が家はLIXILのグランデルを採用します。

www.lixil.co.jp

 

玄関の断熱で気をつけることが、もう一つあります。

玄関土間の断熱です。

基礎断熱にした場合基本的に外周まわりをL字に断熱材で覆います。

f:id:tanaup:20170812165442j:plain

外周だけで、真ん中はコンクリートむき出しですね。

全面覆えばもっといいのでは?と疑問に思うかもしれませんが、全面だと費用と効果のバランス的に効率が悪いのだと思います。

それと、基礎コンクリートは打設してから一年以上湿気を放出しつつげます。

湿気を逃がすためにも全面はお勧めしません。

地熱を利用するためとかいう理由もあるみたいです。

その他シロアリのリスクが基礎断熱にはあるのでこの点もあります。

その他いろいろあると思いますが、いまのところの基礎断熱の主流は

外周まわりの内側をL字に断熱材で覆うです。

で、玄関や勝手口に内土間がある場合、土間を断熱材ですべて埋めないと、

土間から冷気が上がってきて寒いという話です。

f:id:tanaup:20170812171701j:plain

こんな感じですね。

ただ基礎断熱工法ではこれがいいとなってますが、完全にはお勧めできません。

シロアリのリスクが高いからです。

玄関はシロアリの侵入経路の一つなので防蟻の面からはリスクが高いです。

断熱材を防蟻入りのにするとかの対策がいるかもしれません。

前途のように湿気の逃げも内玄関の中になくなるのもあります。

我が家は土間の底冷えを嫌って土間の断熱を採用してます。

防蟻入りの断熱材にしたかったけど予算と環境の面から断熱しました。

 

あと、玄関周りは基礎パッキンの種類に気をつけないといけないのですが、

その辺の説明は難しくてうまく説明できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月3日、4日打ち合わせ

8月3日、4日は連続打ち合わせでした。

大した進展は無いのですが、

3日は電気屋さんを交えて施工の確認をしました。

自分は要望と確認項目が80項目以上出しているのですが、

その中で電気項目は営業から電気屋さんに伝えるより、直接伝えたて、

確認した方が間違えが無いとのことで、電気屋さんと初顔合わせです。

普通は着工前に施主と現場の人と事前打ち合わせがあることは無いと思いますが、

どんだけ厄介な施主なんだ、てことですね。w

普段からやってる項目だから問題ないですとのお答えがもらえて、

一安心、すんなり終わりました。

レンジのジャバラからスパイラル変更は融通が利かないので、

少し嫌がっていましたが、我が家は壁までの距離も短いのでまだ簡単な方なので、

ここはかんばってもらいましょう。

電気項目ですがこんな感じです。

8

太陽光、オール電化

17 コンセント、スイッチは施主支給
22 外壁側のコンセント、照明、引き込み線、太陽光のケーブル、テレビ、ネットはコーキングをして気密をとる
23 コンセント、スイッチは気密カバーを付ける、施主支給        
26 レンジは同時給排気、電動シャッターあり    
27 レンジ排気ダクトは不燃材を巻く      
28 レンジ吸気ダクトは断熱材を巻く      
29 浴槽ダクトは断熱材を巻く      
30 レンジ排気ダクトはアルミジャバラダクトを辞める(スパイラルダクト等)
31 レンジ、浴槽排気ダクトは外壁に上がり勾配でたるみがないように
32 レンジ、浴槽、トイレの排気ダクトは外壁側はパイプで吊って固定
33 ダクトの継ぎはスリーブとアルミテープで    
34 レンジ排気ダクトに電線を巻かない。レンジ用コンセントを固定して設置
48 空配管はCD管じゃなく、PF管等自己消火付きに、特に太陽光関係、16より22で
49 ネットはcat5eか6          
86 BS,CSパラボラアンテナ設置

4日はコロナのパネル冷暖房が高すぎるので、見直しと「クール暖」という、

樹脂製のパネル冷暖房が安めだとネットで見つけたので合い見積もりの依頼です。

とりあえず、こんなところかな?

着工は秋以降になりそうですね。

 

 

 

基礎の図面

基礎の図面、基礎伏図です。
ほぼ決定だと思います。
f:id:tanaup:20170802104701j:plain
普通、伏図なんて載せないかもね。
□の中×の所は、点検通路です。
標準では水回りに床下点検口が2つなのですが、
もう一つ点検口を南東側に作ってもらい、すべての場所に這って行けるように、通路が設計されてますよ、という、確認図面です。
本当は基礎を高基礎にして、潜り易くしたかっのですが、予算オーバーで断念しました。

日射遮断について

日射遮断についてです。

窓の遮熱と断熱で少し書きましたが、窓自体だけでは日射はコントロールできません。

南側の窓はクリア系のlow-eガラスにして冬は日の光を取り入れて暖房費を節約。

なにより、日向ぼっこを楽しめます。

問題は夏の日差しをどうするか?です。

カーテンやブラインドすればいいと考えている方も多いと思いますが、カーテンでは、

日射遮断としては不十分です。窓より室内で遮熱しても室内はかなり暑くなります。

窓の外で遮断すると大分違います。外付けのブラインドやシャッター、すだれやタープ

などですね。

f:id:tanaup:20170730121531j:plain

加えて、軒、庇を南側に出すことにより、太陽の季節ごとの角度により、

日射を夏は遮り、冬は取り入れることが出来ます。

f:id:tanaup:20170730121620j:plain

なので、最低でも南側は庇、軒を出してすだれやタープなどで日射遮断しましょう。

外付けブラインドシャッターが付けられるといいのですが、掃き出し窓とかの

大きな窓は値段が高いので、導入には熟考が必要です。

f:id:tanaup:20170730121706j:plain

イメージ的にはこんな感じですね。

画像は拝借しているので、悪しからず。

で、我が家の場合どう計画したかというと、南側リビングの掃き出し窓は

電動ブラインドシャッター。二階の寝室の西の腰窓に外付けブラインドの予定です。

南側の和室の掃き出し窓にも付けたかったのですが、予算がなく断念。

後付けで、タープかすだれ、などを付けます。

リビングをすだれなどにせず、電動ブラインドシャッターにした理由は、

雨の日にも風を通せることが大きいです。二階寝室の西窓も同じ理由です。

すだれ等だと風は入ってくるでしょうが、夏の微風は取り込めないかな?と思っています。電動にしたのは、虫が嫌いなので窓を開けて開け閉めしたくなかったからです。

値段が高くて、故障のリスクが高いですが。

LIXILはブラインドシャッターがなぜかないので、(スリット型はある)

YKKとかにしたかったのですが、窓がLIXILなので、難しいので、

ブラインド専門メーカにしました。

「オイレスECO」のブレイユです。

では、また

 

 

 

 

 

 

7月29日打ち合わせ

日付が変わってしまいましたが、7月29日土曜日は、打ち合わせでした。前回の打ち合わせから、1ヶ月以上経ってます。長すぎです。
で、大まかな、見積もり金額が出ました。
やっぱり、予算オーバーです。なかなか、削る所が無くて、悩ましいです。安月給の自分が恨めしい。
さて、どうしようかな~。
パネル冷暖房がまずは、めちゃくちゃ、高いんだよね。
しばらく、悩みます。