なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

畳についてその2

畳について、続きです。

1.形 は昔ながらの長方形か最近流行りの半畳の畳です。

 正方形に近く、琉球などで有名かな。

2.畳表の材質 昔ながらのイ草と琉球畳に使う七島藺(しちとうい)和紙で編んだものや樹脂製のもの、セキスイの美草とか CM流してますね。

ペットやお子さんが小さくて汚したり、傷め易い場合は樹脂製がいいと思います。

色もきれいですしね。イ草の香りが好きなので個人的にはイ草を使いたいです。

3.織り方ですが、実は、最近流行りの琉球畳はほとんど、琉球畳風であって、 琉球畳ではないことが多いです。別に悪いことではなく、本来、琉球畳は七島藺(しちとうい)を使って縁無しで半畳を組み合わせる畳を琉球畳というので、七島藺を使ってないと琉球畳風になるということです。

これは、材料はイ草を使いますが、目積表という織り方をして縁なしにすると

琉球畳風になります。畳の目の向きにより光の反射の仕方が違うので交互に並べると

市松模様に見え、モダンな感じになって最近流行りです。

その他、龍髭表(りゅうびんおもて)という織り方があり、これは、床の間に使われる

特殊な織り方です。

4.畳床の材質 藁床が普通で字のごとく、わらを使っています。湿気に弱く

定期的に畳を上げ風を通したりして、乾燥しないと、カビやダニの温床になるので

メンテが面倒ですね。

建材床 最近のMH多いと思います。藁の代わりにボード等の建材を使った畳床です。

様々な種類や組み合わせのボードを使っているので多種多用です。

その他 お茶殻を入れたり、備長炭をいれたり、して調湿や抗菌、防虫効果を高めた

畳床があります。

最近、気になっているのが、ヒノキ床です。ヒノキのチップを使った畳床で

なかなか良さそうなんですが、値段が高い。

ヒノキの香りがして、調湿、防虫効果もあるみたいなんで、自分好みです。

 

イ草の畳表で目積表織り、ヒノキ床で市松敷きが理想です。

まぁ、値段が高くて無理ぽいけど。

 

 

畳についてその1

和室と言えば畳ですね。

畳について、書いてみようと思います。

畳のサイズが色々あるのは知っていると思います。

京間、中京間、江戸間、団地間などです。

この辺は省略しますw MHが指定するサイズで施工しますよね。

1.形

2.畳表の材質

3.畳表の織り方

4.畳床の材質

こんなもんですかね。

次回、簡単に4項目について書きたいと思います。

 

最近流行りの琉球畳ですが、実は琉球畳風のものが多いと思います。

悪いことではないので安心してください。

MHによっては琉球畳にしますか?と聞いてきても、実際には、琉球畳風の場合が

あります。

肌ざわりが違うと思うので確認はすべきかもしれません。

その辺の説明も次回で

「ZEH(ゼッチ)」について

「ゼロエネルギー住宅」、「ZEH(ゼッチ)」についてです。

ZEHがなんなのかについては説明を省きます。

最近はHMもZEHの施工目標みたいのがあって、セールスポイントの

一つにしてたりして、結構知れ渡っていると思います。

補助金が出てランニンコストが抑えられ、しっかりした家が出来るので

いいこと尽くめです。デメリットは費用が割高になることのみだといわれています。

で、我が家は計画当初からZEH認定できるように設計を進めてもらいました。

当時は補助金も125万円でなかなか審査が通らない感じだったので、

漏れても、いい家が建つし、とりあえず、ZEH仕様でお願いしました。

今年に入って補助金が75万円になり、認定されやすくなりました。

でも、我が家はZEHはあきらめました。

なぜかというと、家の仕様は十分ZEHのスペックを超えているのですが、

自分なりに割が合いそうにないと思ったからです。

補助金が125万円だと考えたのですが、75万円だと申請などの費用だけで、半分ぐらいなくなります。

それとネットでは問題視されてない、大きなデメリットがあります。

大手ハウスメーカとかだと大丈夫なんですが、着工から完成までの期限が決められていて、ぎりぎりの工期になるようです。

トラブルがあった時に融通がきかないなどがあり、我が家は標準的な家とは

言い難く、工務店もやってないことを頼んでいるとか、細かくチェック入れたいとか、

施主施工の部分があったりするので工期に余裕を持たさないと、「抜け」が出そうで

怖いというのが最大の理由です。

なんで税金の控除のために低炭素だけ申請します。

自分の住んている市は住宅関して補助金がいっさいありません。

他の地域がうらやましいです。

10月8日打ち合わせ

10月8日は朝から打ち合わせでした。

照明の提案と土地についての進行状況の報告。

太陽光パネルの設置確認。

水回りの設備の最終確認などです。

低炭素住宅の申請のため、窓と水回りは決めないといけないので。

これはもZEHや長期優良住宅の申請でも同じ感じではないでしょうか。

土地については、借地に建てるので普通と少し違うので、色々申請や確認が複雑です。

普通、住宅ローンは土地と上物を担保に銀行が融資するのが、借地ですからね。

照明については、コンセントとスイッチ、シーリングライト施主支給にするので、

ダウンライトは工務店任せにしたため、その提案です。

本当はパナソニックで揃えたいところなのですが、工務店取引でコイズミです。

一度、ショールームにいかないと、色とかわからないので保留です。

電気図面も少し追加を希望しました。

 

あと、一旦、地鎮祭を10月末ぐらいに設定しました。

1階の間取り

前回、簡単な1階の間取りを載せたので、ついでに、簡単にどうしてこの間取りにしたか説明します。

間取り図は多少実際の図面とは違います。

玄関は内玄関付きシューズクロークもあります。

普通玄関上がってすぐに、リビングの入口にするのですが、あえて奥にしています。

すべての動線の中心になるようにしました。

洗面台は脱衣場の中ではなく独立してトイレの手洗いも、兼ねています。

玄関から丸見えですが、暖簾を廊下の途中にかける予定です。

トイレは小便器付きです。将来、介護用に少し大きめの間取りになっていて、

便器もナナメに配置しました。ネットでナナメに設置している例を見つけて、

なかなか、良さそうなので採用してみました。

トイレの前に物置があるのですが、今思えば、配置を入れ替えれば、よかったかも、

と思ってます。

我が家はダイニングがありません、実家でテーブルの食べる習慣がなかったため、

ダイニングが無駄な空間に思えたので無しです。

一応キッチンからカウンターを付けて、和室ダイニング風にはしています。

和室は将来の親の介護場所兼自分が年取った時の寝室です。

和室は小上がり40センチです。本当は天井が低いので、35センチぐらいにすべきなのですが、父親が40が立ち座りがいいとのことで40にしました。

小上がりにした理由は、将来、親を介護するようになった時、自分が足腰が弱くなった時に、床から立ち上がりが辛いので、まず、腰掛てそこから、動くほうが楽だと考えたためです。

天井が低いのは、和室で立ち上がることは少ないと思っているからです。

和室の南側には広縁があります。

無駄に見えるかもしれませんが、癒しの空間です。

室内物干し部屋を兼ねる予定です。

南面は庇を出すため柱が四か所あります。

こんなところでしようか?

f:id:tanaup:20171007192120p:plain

 

 

一階の無垢フローリング

一階の無垢フローリングを決めました。

リビングをオーク(ナラ)のユニ 節あり 

広縁を国産桧 節あり

廊下、ホールを西南サクラのユニ

玄関框をオークの貼りにしました。

平米単価は桧が5,000代後は4,000代です。

f:id:tanaup:20171001185045p:plain

1階の間取りはだいたい、こんな感じです。

リビングのオークは少し硬めで木目が好みです。

桧にするつもりだったのですが、ショールームに行ってた時に

思ったより単価が安いのでオークにしました。

ただし、節ありなので少しうるさい感じになるかもしれませんね。

広縁は元から桧のつもりでした。少しやわらかく、杉やパインよりは硬い感じです。

節ありで埋め木してあります。桧は好きな木材の一つなのでどこかに

使いたかったので、香りも好きなので。

廊下は西南サクラです。サクラといいますが、本当はバーチという木材の

赤い色の木をいいます。サクラに似ているからそう呼ばれているだけで

カバの木の仲間です。

肌質がつるっとしていて硬めなので廊下に良さそうなので採用しました。

値段もお手頃です。

お手頃といえばパイン材(松系)なのですが、柔らかくて、なにより、床材として、

松は好みじゃないので、検討からはじめから除外しています。

二階の寝室は桐にしょうと思っていたのですが、思ったより単価が高く、

西南サクラが安かったのでサクラにしました。

他にお金があれば使いたかった好みの樹種はケヤキや栗です。

ケヤキの好きでお金があれば玄関框に使いたいのですが高すぎです。

栗(チェスナット)もケヤキに似た感じで好きですが、扱いが難しくて

値段も高いので、栗はソリやすく、扱いが難しいので、あまり、床材としては

リスクが高いと思うのですが、今はうまく施工できるのですかね?

栗と桐は水がかかると黒ずむ点も欠点です。

我が家は無垢材は無塗装で発注します。

せっかく無垢にするのでなるべく、木肌触りを感じたいので、後から自分で

自然油系の塗装するつもりです。

小さいお子さんやペットが居るご家庭ではキズがきになり、

アクリルコーティングでテカテカにするしかないかもしれませんが、

我が家はそれがないので、せっかくの無垢を楽しめるようにコーティングはしません。

もちろん、傷や汚れはつくと思いますが、それも味になると思います。

多少の傷はサンドペーパーで削ればきれいになりますしね。

9月30日打ち合わせ

午後から打ち合わせでした。

現場監督と初顔合わせと図面の細かな修正とかでした。

完成見学会のお家での打ち合わせで、実際の我が家に近い部分を

見て、図面では見落としたところなどや現場監督さんの意見を聞いて

修正したりしました。

2階トイレの向きの修正や、玄関框や付け框の確認、

1階廊下に手すりのための補強の依頼、

無垢の床板の必要数の確認、

2階の踊り場の造作の確認、

通気層の胴縁と防水透湿シートの確認、

融資等の手続の進捗報告など

 

やっぱり、図面だけでは見逃すところがでてきますね。