なるべく住みやす家を作りたいなぁ

自分なりに高断熱高気密で高性能で住みやすい家を建てるための記録ブログです。

基礎の気になる点

今日やっと明るい内に基礎を見て回れたのですが、気になる点が出てきました。

基礎の出来は一体打ちで継ぎ目がなくて、きれいと言いたいところですが、

ジャンカや割れはないのですが、巣が出来た状態、又は、アバタが多いためきれいとはいいがたい。これは、一体打ちや多分深基礎する時はジャンカ防止のためバイブレータという機械で振動で型枠の奥までコンクリートがしっかり行き渡るようにするのですが、これをしないとジャンカになる。必要な工程なのですが、これをすることにより、空気の泡が出来、気泡の穴になるのです。ですから多少は仕方ないですし、あっても浅いので構造上は問題ないので、補修の必要はないでしょうが、見た目はかなり悪いです。

f:id:tanaup:20171119193919j:plain

上半分ぐらいならいいけど、下半分ぐらいだと結構ひどいと思います。

最終化粧モルタル塗るでしょうから見えなくはなるでしょうが、残念です。

後、構造上大丈夫か、確認とらないといけない、気になる点が2点

一つ目は、一体打ちといってもなかなか一度にコンクリートを流し込めません。

そのため少し間が空くのですが、間が空きすぎるとコールドジョイントといって、前半と後半がうまく接合しなくて、隙間が空きます。

季節的にも打設には良い条件だったので大丈夫だと思うのですが、上からのコンクリートの垂れのため接合部分が確認できないので要確認です。

f:id:tanaup:20171119195503j:plain

手前の立ち上がりの基礎が上と下と違う感じなのがわかりますかね。

一体打ちなのに二度打ち(ベースを打設して立ち上がりを別に打設する)したように見えますよね。

アップの写真撮り忘れたなー。これか1点。

もう1か所はこれ

f:id:tanaup:20171119200051j:plain

ジャンカ一歩手前では?という感じで叩いたら剥がれるじゃないかと思うほどで、

写真ではよく伝わらないとおもいますが、白くなってるところとか見た目、脆そうなんです。なんで、軽くハンマーで叩いて剥がれ落ちないかとかの確認がしたいのですが、

勝手にやるのもまずい気がするので一度現場監督立ち合いの元確認したいところです。

まぁ、工事中止とかやり直せなどと言うつもりはなく、確認して、納得できたらオッケー、まずかったら修復、補強作業してもらえればいいと思います。

多分、見た目だけで、構造上は問題ないのでしょうが、気になることは確認で。

基礎の型枠が外れてました。

 

現在の進行状況ですが、型枠が外され、玄関と勝手口の増し打ちコンクリートも終わり

断熱材が内側の立ち上がり部分に取り付けられてました。

f:id:tanaup:20171119185032j:plain

型枠取った後の写真

 

f:id:tanaup:20171119190338j:plain

基礎断熱用の断熱材を内側の立ち上がりに施工後の写真

断熱材が貼られる前に見たかったのてすが、明るい内に見られたのは今日になりました。

玄関ポーチも増し打ちしてあったのですが、増し打ち前にポーチだけは断熱材を先に施工するのですが、これも、自分では目視できずに残念です。

f:id:tanaup:20171119192149j:plain

ポーチ部分です。

仕上がりに関しては満足できるとはいいがたい感じです。

きれいにできたとは言えないです。

気になる点が2点ほどあってそこ以外は多分構造上は問題ないと思われます。

11月18日打ち合わせ

今日は午前中に防蟻処理の説明

午後から照明のコイズミのショールームに行って照明プランの検討でした。

午前は防蟻処理と併用のホウ酸入りのコーキング材のスペックがわからなかったので

説明をうけました。これは、HM標準になったようなのですが、事前に変更になったことがこちらに伝わっていなくて、怒った経緯があります。

まぁ、問題なさそうなので採用ですが、実績がないので、シロアリ対策の一番はこまめに蟻道が出来てないか見てまわることだと思います。

ズボラな自分に出来るか心配ですが、やるしかないです。

午後からはコイズミのショールームで実際の明るさや色目を確認しました。

基本的に温白色にしました。

あとは、吹き抜けが高いので、シーリングファンは必要なので、

音の静かさや消費電力の少なさからDCモーターにするつもりなのですが、コイズミは一種類で値段が高すぎで違うメーカにします。

ダウンライトはコイズミにしてあとは支給品にする感じかな。

やっぱり照明はネットに比べると高いのでどうしても採用しずらいです。

着工12日目基礎生コン打設11月10日

昨日、基礎のコンクリートの打設がありました。

仕事で見れてはいませんが、天気もよくて、よかったです。

 

f:id:tanaup:20171111210016j:plain

画像は親に撮ってもらった、打設終盤です。

今日は少し肌寒く、小雨も降り、前の日で良かったと思いました。

養生期間中の小雨はいいはずなんでよかったのですが、1週間ぐらい、天気があまり良くなく気温も15度下回るみたいなので、朝、急遽、営業連絡して、型枠外しの日を延ばせないか聞いてみました。

予定では、中三日で型枠外しになっていました。15度以上ある場合は3日、15度以下の場合はもう少し長い方がいいみたいなので、ダメ元で聞いてみたら、現場監督から電話がきて、中5日に延ばせることになりました。ありがたいです。

養生期間は長ければ長いほどいいみたいですが、工程もあるし、一日でも延ばせればと思ったのでよかったです。

11月9日打ち合わせ

連投になりますが、記録も兼ねてるので、すみません

11月9日打ち合わせがありました。

主に照明についての打ち合わせです。

ほとんどの電気器具は施主支給でパナにする予定なのですが、

廊下とかのダウンライトや吹き抜け、キッチンなどは工務店指定の

コイズミの照明に任せたので、プラン提案の説明を受けました。

照明は実際見ないと色や明るさがわからないので来週、ショウルームに行く予定です。

着工11日目

着工11日目です。鉄筋と基礎コンクリの型枠設置が終わっていました。

明日は、基礎コンクリの打設の予定です。本当は立ち合いたい所ですが、

仕事が外せません。今の季節風が強くて落ち葉とか飛んでくるので打設直前に

掃除したいところなんですけどね。

鉄筋の表面にところどころ錆が出てるのも、問題はないみたいなんですが、心情的にはワイヤーブラシで落としておきたいところですが、神経質になりすぎても疲れるのでスルーです。

f:id:tanaup:20171109200421j:plain

一般的にはベースコンと立ち上がりの二度打ちするのですが、我が家は無理言って

一発打設にしています。

型枠が専用でなんだか、型枠は大きいですね。

 

11月4日打ち合わせと契約書

11月4日打ち合わせと追加変更の契約書にサインしてきました。

大分追加費用がかさんできてるので、辛いです。

打ち合わせは、これからの予定と次回電気の打ち合わせをのすり合わせなどです。

あと、事前にお願いしてたはずのものが、こちらに断りもなく変わっていたことがわかって、注意しました。

同等のもので機能的には問題ないのですが、断りもなく、こちらから問い合わせてわかったので、変更するなら事前に仕様を調べて教えてくれないとダメだといいました。

まさしく「サイレントチェンジ」です。

家電とかでは問題になっている怖い話なんですが、住宅も物作りとして一緒だと思うのですがね。